美容ケアとしての睡眠

美容ケアとしての睡眠

トップ / 美容ケアとしての睡眠

美容をキープする情報

美容には良質な睡眠を

美容と聞くと、栄養素たっぷりのドリンクや機能満載の器具などのイメージがわきますが、もっと手軽にできることがあります。それは眠ることです。良質な睡眠はお肌や身体にも良いと言われており、特に22時からの時間はゴールデンタイムとされています。その時間に眠るのが美容に最も効果的なのです。お仕事をしている方や家庭のある方には難しいかも知れませんが、まずはお風呂に入って身体を温め、きちんと整えたベッドでぐっすりと眠る、これが大切なことです。これによって摂取した栄養素も体内に巡り、肌・髪の毛などにも良い影響を及ぼしてくれます。

ビーハナ

良質な睡眠を取るようにしよう

肌には22時から午前2時までの間にゴールデンタイムというものがあり、この時間に睡眠をとることが美容のためにはいいとされています。しかし、働いている人にとって、その時間帯に就寝するというのはなかなか難しいものがあるでしょう。また何時までに寝なければいけないといった強迫観念に駆られてしまうと、眠りが浅くなったり、逆に眠れなくなってしまうということもありえます。では、忙しい人はどうすればいいのかというと、少し考えを変え、睡眠時間よりも眠りの質を高めることに重点を置くようにしてみまるとよいでしょう。眠る時間があまり取れなくても、きちんと熟睡できる良質な時間を取ることが出来れば、それは美容へと繋がっていくのです。

© 美容にかかる費用について. All rights reserved.